ZERO ONE

Works 活用事例

KAGIYAビルの3Dモデルを制作しました。

築50年以上のレトロなビルに個性的なテナントが数多く入居するKAGIYAビル。弊社もこのビルにオフィスを構えていますが、ビル共用部の3Dモデル(デジタルツイン)を試験的に制作してみました。テストデータのため細部までスキャンしていませんが、ビルの構造やテナントの位置などを簡単に把握できます。このように古いビルを記録として残したり、プロモーションとして利用するなど、3Dモデル(デジタルツイン)の活用方法は様々です。

浜松城の3Dモデルを制作しました。

浜松のシンボルである浜松城。石垣をメインに天守閣の周りを3D化してみました。屋外では弊社で通常使用するMatterport(マーターポート )というスキャナーではキャプチャーできません。屋外でも使用できる特殊な機材で作業 […

チラシと3Dモデルを融合した事例をご紹介します。

サーラグループ/中部ガス不動産様のリノベーションマンションの3Dモデル制作を行いました。今回は3Dモデルのご紹介ではなく、3Dモデルとチラシ広告を連携させた事例をご紹介いたします。弊社はクライアントのご要望をヒアリングし […

遠鉄ホーム(袋井モデルハウス)

遠州鉄道株式会社 住宅事業部のモデルハウスを3DVR制作させていただきました。おしゃれなインテリアと生活動線にこだわったモデルハウスです。3Dスキャナーによる作業は朝から晩までかかりましたが、丁寧に3D空間形成いたしまし […

Works Top